子供の好き嫌い(野菜)をなくすためにやってみたこと

便秘に苦しんでいた妻が

ある食材で便秘解消!

 

それは「マイタケ」( v ̄▽ ̄)

マイタケ

おすすめのレシピは

豚キムチにマイタケを混ぜて料理する

「マイタケ豚キムチ」

 

無理なく、するっと

ほぼ毎日、お通じが良くなった(*/▽\*)

 

さて、本題はそういうことではなくて

 

子供の好き嫌い問題。

 

我が家は4人家族。

 

私と妻は、ほぼ好き嫌いがない。

6歳の次女も、ほとんど好き嫌いなく食べる。

 

が!しかし!!

 

7歳の長女は

とにかく野菜が嫌い

野菜


こんなん見たら、おいしそう。

そう思うのは家族3人だけ。

 

長女はテンションダウン(* – -)

子供の好き嫌いを失くすために試したこと

そこで、妻もいろいろ試した。

 

  • 無理やり食べさせる

    失敗(あたりまえか・・)

 

  • カレーなどの時は煮込んで形がわからないようにする

    料理が時間かかってメンドクサイと妻は言う
    (効果あり)

 

  • 好きなものと一緒に野菜を食べさせる

    少しは効果あるけど、なんだかんだ文句言う(* ̄ー ̄)

 

  • 鍋にする。野菜は千切りにしていれる

    これが一番効果があった。

 

結局、我が家で一番効果がある好き嫌いをなくす方法は

 

「野菜は千切りで鍋にする」でした。

 

夏はどうするんだ?
(と思ったけど)

好き嫌いなく食べることができるメリット

では、好き嫌いがあることと

好き嫌いなく、なんでも食べることができること。

 

この双方についてメリットとデメリットを

7歳の長女に話してみた。

 

しかし、まったく響かず(*∩ω∩)

 

肉が大好き。

特に脂身が。

 

そのせいか、お腹が出てる(´Д`。)

お通じも悪い。

 

女性は便秘がちというけれど

そりゃ、肉が主食で野菜食べなかったら

 

お通じも悪く、お腹も出るちゅうねん|ω・)

 

「最近、お腹出てきたね」というと

『馬鹿にするなー』と

 

一丁前に反論する。

 

「そういわれなくなかったら、野菜食べなよ」と言っても

その時は渋々了解。

 

でも、実際に食卓に野菜が並ぶと

よくわからない言い訳をして、食べない。

 

学校給食では

嫌いなものは、量を減らしてよい。

 

そんなルールがあるらしい。

 

自分が子供の時は、残さず食べるが基本。

 

嫌いなものを食べられないクラスメイトが

泣きながら時間かけて食べていたことも珍しくなかった。

 

時代が変わって、先生も教育しにくいと思うけど。

 

実際、自分自身、好き嫌いがなく大人になって思うこと。

仕事上の会食とか、仲間内の飲み会とか

 

楽しい(〃▽〃)

 

今でも、仕事上で飲み会があると、偏食な人が稀にいる。

注文するときに気を使うし。

 

ひとことで言うと

メンドクサイ(`・ω・´)キリッ

 

義理の父。長女にしてみたらおじいちゃんは

「だんだん食も変わるから大丈夫!」

 

そんな甘いことを言って、好きなものだけ与える。

だから妻の実家に泊まった後の長女は

 

たちが悪い( →_→)

 

これからも、長女の好き嫌い克服に対して

ありとあらゆる手段で取り組んでいこうと思う。

 

効果的な方法があったら、追記しようかとφ(・∀・)

 

他の家庭は、好き嫌いが多い子供に対して

どんな手を使っているのか?

 

気になるけど。