子供の勉強にやる気は関係ない

子供のころ

こんな考え方を教えてもらっていればなぁ。

 

そう思うことがあります。

 

やる気がないから勉強しない。

 

そうじゃないと思います(* ̄ー ̄)

 

目標がある
(こんな風になりたい、これが出来るようになりたい)

 

その目標を達成するために勉強が必要なんだよ。

 

だから勉強するんだφ(・∀・*)

 

ということを

教えてほしかったよ、親父・・おかん・・(* – -)

 

いや・・・そうは言ってもね

目標なんか持てない子もいるでしょ。。。。

 

確かにそうです|ω・)

 

自分が子供のころの夢とか

目標とか

 

あったような、なかったような( →_→)

 

戦隊ヒーローになりたい!
なんてことは思っていたけど(〃▽〃)

 

ほぼ毎日、学校の宿題がある。

しかし、宿題はやらなければいけない。

 

『やる気がない・・・宿題したくない!』

そう話してくる娘。

 

そんな時、私が娘に話したこと。

 

「やる気があるから勉強するんじゃないよ」

「とりあえず、やるんだよ」

 

「とりあえずやって、わかるようになって、なんとなく楽しくなってくる」

 

「だから、やる気とかいらないんだよ」

 

そう話してます。

勉強

そこで気を付けていることは

 

環境( ̄- ̄)ンー

 

TVがついてる。

次女がTVを観て笑ってる。

 

当然、お姉ちゃんもTVを見る。

そんな環境で長女は宿題とかできない。

 

だから、長女が宿題するとき。

私は読書。

妻は家事。

次女は絵本を読む。

家の中は静か。

 

そんな環境ではじめて

長女も、しぶしぶ勉強する。

 

とりあえずやる。

ちょっとできるようになる。

 

だから

「そもそも、やる気があるとかないとか関係ない」

「やっていくうちに楽しくなる」

「やる気なんて勝手に出てくる」

 

そう話してます(* ̄ー ̄)

 

そうは言っても、やってもうまくいかない。

分からないものはわからない。

そんなこともあります。

 

そんな時は、一緒に考えてあげる。

一緒に宿題してみる。

 

コツが掴めるように、ポイントだけ具体的に説明する。

 

それと、もうひとつ。

 

言葉で話しても伝わりにくい。

だから、書いて見せてあげる。

絵でもいいし、図でもいいし。
(めっちゃ絵心ないけど)(´Д`。)

 

我が家の娘たちには。

 

「なんかいやだー」

と言ったら。

 

「とりあえずやってごらん」

と、まずはやらせます。

 

で、出来なかったら

一緒になって考えます。

 

日常の中では想像させることを意識します。

 

「大人になったら何になりたい?」

とか

「どんな仕事がしてみたい?」

とか

「どんな男の人と結婚したい?」
(即答で「イケメン」と言うw)

 

想像させること(*∩ω∩)

 

そして、なんでもいので

本人の意思で、やりたいこと、なりたいものを発言するようになったら

 

それに必要なことを教えます。

 

〇〇になるために必要なこと

それが子ども自身の目標になるし

 

「何のために」

 

ということを教えてから、やらせると納得してやります。

 

子供のころに戻って、先生に苦言を呈すのであれば

 

「何のために勉強するのか?」

 

これ、教えてほしかった|ω・)|ω・)

 

テストで、良い点数を取る方法よりも

「何のために勉強するのか?」

「何のために学校に行くのか?」

それを教えてほしかった・・・

 

だから娘たちには

「何のために」を何度も意識させるようにする。

本人の意思で、やりたいことがあれば応援する。

 

目標が見つからず、やりたいことが見つかってなくても

どうせ「やらなければいけないこと」はあるわけで
(宿題とか翌日の準備とか)

 

それは、やる気の問題ではなく

毎日歯を磨く

毎日寝る。

それと同じように

 

「宿題も毎日やる」

 

とはいっても、我が家の娘たちも

ここで書いたように、すべてがうまくわけではなくヾ(_ _。)

 

親として気を付けていることのひとつ

 

子供に求めすぎない(* ̄ー ̄)

 

つい

どうして、こんなこともできないのか?

なぜ?同じ失敗をするのか?

そんなことを思いますが

 

自分だって、子供のころは・・w

 

だから、多くを求めない

子供に過度に期待しない。

 

ただ。

やりたいこと

なりたいもの

それを考えさせること。

 

それを発言させること。

 

そもそも。

変えるのは、変わるのは娘たちではなく

 

親である自分たちが変わるべき。

 

子供のやる気スイッチを探すとかじゃなくて

 

考えさせること。

 

情報を与え、選択肢を増やし

自分で何かを見つけることができれば

 

自然と勉強もスポーツも

「なりたいもの」に必要なことだと理解した時

 

娘たちは勝手にやるでしょう( v ̄▽ ̄)

 

だって、自分自身が大人になって

そうだったから(*∩ω∩)